友禅立体パネル
series

食器を作成していく過程において、もっと立体的な物を作れたらワクワクするなとの思いから、創りあげたのが"立体パネル"になります。

インテリアとして部屋に飾ることで、木の温かさに加えて上品な雰囲気に仕上がるようにデザインしました。

木板一枚一枚に対して、柄を変えて彫刻・カットを行うことで、奥行きが出るように工夫を行い、​一枚一枚手作業で丁寧に塗装を行ったことにより、手間隙を掛けて作り込んだ職人魂宿る商品になります。

image_67200769.JPG

​菊尽くし

■ストーリー
"何か大きいものを作りたい"
軽い思いから始まった立体パネルの作成。
どうしたらインテリアとして飾ってもらえる商品を作れるのか、毎日考えて考え抜いて作成したのがこちらの商品になります。
奥行きを出すために、いくつもの木板を使用しています。
色を付けることも検討しましたが、木の温かさを感じてもらいたいという社員の想いからオイル塗装で仕上げたのがこちらの商品になります。
京友禅で使用しているデザインを用いて、1枚1枚丁寧に仕上げたこちらの商品を壁に飾ってみると、無垢な空間だったのがお洒落な空間に変化しました。
京都の伝統工芸である京友禅​を身近に感じて貰えればなと思います。

¥100,000(税別)

image_67179265.JPG

​友禅尽くし

■ストーリー

"菊尽くしだけでは何か物足りない"

​こうした社長の一言でもう一つ作成することになって作成したのがこちらの商品になります。

​もっと京友禅らしさを感じられるように、菊だけでなくなく梅や竹、牡丹などを追加しました。

試しに木材を変えてみたところ、菊尽くしとは違った色に変化したため、また違った木の温かさを感じられる商品になります。

​牡丹が前に出てきているように見えるようデザインを工夫しております。

¥100,000(税別)