IMG_0245_edited.jpg

スクリーン製版

製版機による摺友禅染型の製版

こちらのページでは、主な工程をご紹介いたします。

 ①紗張りされた枠に、特殊な液体を均等に塗っていきます。
この液体は案件によって調合の割合が変わり、
厚さの調整も職人の手に掛かっています。
納品先で細かなところまで染められるかは、
この工程が重要です。

%E8%A3%BD%E7%89%88%EF%BC%91_edited.jpg

 ②液体を塗った枠と、データ製作の工程で柄の部分だけ
プリントしたフィルムを専用の機械にセットし、光をあてます。​​

IMG_0245.jpeg

 ③型を仕上げていきます。
前工程で光のあたらなかった部分に、
水圧をかけて落としていきます。
​​落ちた部分が透けた状態になります。

IMG_0243_edited.jpg

 ④乾燥後、完成です。​​
染め工程(お客さま)へ納品します。

IMG_0254.jpeg